期間工の年収が知りたい人へ【ぼくの場合はこんな感じでした】

期間工として働くとそこそこのお給料がもらえます。

年収でみると350万円〜450万円くらいかなといった感じです。

そのときの稼働状況や働く地域、メーカー直接雇用か派遣かによってかなり幅はありますが、スキルなしでもそこそこ稼げることは間違いありません。

ぼくが実際に期間工をしていたときの年収や、そのときの忙しさをまとめてみました。

期間工の年収【ぼくの場合】

ぼくが期間工として働いていたのは福岡のトヨタ自動車九州です。

そのときの年収は420万円ほどでした。

ちょうどいそがしい時期だったこともあり、残業や休日出勤でヘロヘロになりながらも、なんとかこのくらいのお給料をもらうことができました、、、しんどかったなあ。

残業は年間を通して結構多めで、休日出勤も多々あり。

もし残業や休日出勤がほとんどなかったら、年収は350万円くらいだったと思います。

月々の給料でみると残業と休日出勤の有無によって5,6万くらい差がでるので、年収は工場の稼働状況によって左右されがち。

ただ、残業がなければサクッと帰ることができるので、それはそれで嬉しかったですね。

定時終わりの日は心が晴れやかな気持ちになります。誰にでも優しく接することができそう。世界が輝いてみえる!

期間工の年収は「残業」と「満了金」で決まる

期間工として少しでも多く稼ぎたいという人は、「満了金が多いところ」に行くのが確実です。

残業については変動もありますが、満了金はちゃんと決まった額をもらえますからね。

ただしこの満了金、入社する時期によってかなり変わってきます。

年末〜年明け頃の満了金が多くなる傾向が強いですが、工場の稼働状況によって変動が大きいです。

ぼくの半年後に入ってきた後輩は、ぼくよりも10万円くらい満了金が多かったみたいでした。(うらやま)

直接雇用と派遣の給料の差もチェックした方が良い

これは地域によりますが、メーカー直接雇用と派遣で給料に差がでる場合があります。

ぼくがトヨタ自動車九州にいた頃は、直接雇用だと月3万円(年36万円)、派遣だと年60万円前後の満了金になっておりました。

稼ぎたい人は派遣、正社員を目指す人は直接雇用と言った感じに分かれていましたね。

時期によっては、「直接雇用の満了金は変わらないが派遣の満了金は大幅に減る」といったこともあったりするので、メーカー直接雇用と派遣の両方をチェックしてみるのが良いと思います。

正社員を目指すわけではないなら、派遣の方が気楽かなとぼくは感じました。

「期間工から正社員って実際になれるのか」みたいな記事もそのうち書こうかな。

それではまた!

この記事を書いた人

ユウタム

無理のない生き方を探しています。

目をみて話せない/電車やバスが苦手/ぼーっとすることが好き/

ねこはかわいい。