期間工を辞めたあとの年金・健康保険・住民税がきつすぎる【貯金しておくべき】

期間工を辞めたあとは、息をしているだけでお金がぶっ飛んでいきます。

ぼくの場合は、ざっと計算して1年間で75万円くらいでした。

国民年金、健康保険、住民税。

これらのあまりにも「リアル」なお金のことから目を背けてきたことで、現在かなり苦しんでいます。

いま期間工として働いている人、もしくはこれから期間工として働こうと思っている人に、これだけは伝えたい。

「遊んでる場合やない、しっかりと貯金しておくんや」

期間工を辞めたあとの年金・健康保険・住民税の内訳

ぼくが期間工をしていたのは1年半ほど。

前年度の収入はまるまる期間工時代のものとなり、年収だと420万くらいでした。

期間工を辞めたあとの年金、健康保険、住民税の内訳は以下の通りです。

  • 国民年金:16,540円/月(年間198,480円)
  • 国民健康保険:33,000円ほど/月(年10回払い、年間330,000円)
  • 住民税(市民税・県民税):年間210,000円(年4回払い、1度につき51,000円ほど)

だいたいですが、このような内訳です。

合計約75万円ほど、、何もしていなくても飛んでいきます。

国民年金と健康保険料で毎月50,000円ほど、数ヶ月に1度は住民税が51,000円プラスされる、、、。

1年間、ある程度の収入を得てしまったら、今度は税金を払うために稼がないといけなくなります。

このようにして、無事に絶望という名のラットレースに放り込まれることになるんですね、つらい。

期間工をするなら絶対に貯金はしておくべき

期間工をしているとそこそこの給料がもらえるので、お金の無駄遣いをしても生きていけてしまうんですよね。

この無駄遣いをしてしまう習慣がつくと、期間工を辞めたあとに苦労します。(ぼくのことです)

ぼくの場合は目的もなく期間工として働き、ライン作業や2交代勤務のストレスで無駄遣いが増えていきました。

辞めた今になって思いますが、無駄遣いせずにしっかりと貯金しておけばよかったなと、、、。

期間工をするなら、「貯金」は最優先事項だと思った方が良いです。

  • 期間工を辞めたあとの生活費にしばらくは困らない
  • 貯金があれば、辞めたあとの選択肢が広がる
  • 精神的に余裕がもてる

このように貯金にはメリットしかないです。もう期間工=貯金と思った方が良いです。辞めたあと税金めっちゃくるし。

期間工は魂を売ってお金をいただく場所です

お金のありがたみをしっかりと噛み締めながら、ラインに毎日流されましょう。

今回は期間工を辞めたあとの年金・健康保険・住民税についてでした。

それではまた!

この記事を書いた人

ユウタム

無理のない生き方を探しています。

目をみて話せない/電車やバスが苦手/ぼーっとすることが好き/

ねこはかわいい。